第27回天敵利用研究会 宮城大会

※ 終了した大会の情報を記録のために残しています。

開催概要

開催日

平成29年10月26日(木)~27日(金)

会場

大会
仙台市 戦災復興記念館
(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
https://www.city.sendai.jp/aoba-chiikishinko/aobaku/shokai/kunai/kinenkan/
情報交換会
ホテルグランテラス仙台国分町(宮城県仙台市青葉区国分町2丁目2-2)

シンポジウム

テーマ
「土着天敵の有効活用技術の開発実証~露地および施設栽培での普及を考える」

演者
大保勝宏(鹿児島県大隅地域振興局農政普及課)
「土着天敵を施設野菜で有効利用する技術~鹿児島県肝属地域のピーマン・キュウリの普及技術を例に~」

池田健太郎(群馬県農政部技術支援課普及指導室)
「群馬県のネギ栽培における土着天敵利用技術の普及と今後の課題」

関根崇行(宮城県農業・園芸総合研究所園芸環境部)
「キャベツ及びタマネギ栽培におけるリビングマルチを活用した害虫抑制効果と土着天敵利用の今後の課題」

総合討論
座長:大野和朗(宮崎大学)
コメンテーター:関康洋((一社)全国農業改良普及支援協会)

日程

10月26日
13時00分~17時30分 シンポジウム、総合討論、一般講演
18時30分~20時30分 情報交換会
10月27日
9時30分~15時30分 一般講演

各種締切日

項目 締切日 状態
大会、情報交換会の参加申し込み 2017年09月22日(金) 受付終了
大会参加費、情報交換会費の振込み 2017年09月22日(金) 受付終了
一般講演の申し込み 2017年09月08日(金) 受付終了
講演要旨の提出(講演者のみ) 2017年09月22日(金) 受付終了
メディアの提出(講演者のみ) 2017年09月29日(金) 受付終了

問い合わせ先

大会事務局
関根崇行
宮城県農業・園芸総合研究所 園芸環境部

研究会事務
大井田 寛
千葉県農林総合研究センター 最重点プロジェクト研究室